よくある質問


  1. 平施館 HOME>
  2. よくある質問

霊視・霊感などについてのご質問

Q.鑑定してもらうのにあたって必要な事はなんですか?

A.とりあえず、お名前と生年月日を教えて下さい。その後で詳しいご事情などをお聞きしていきます。ただし、年齢など偽られますと、正しい鑑定ができません。
もちろん、個人情報等の守秘義務は保証いたしますのでご安心ください。
Q.霊視といってもいろいろあると思いますが?

A.本当は「霊」という字を使いたくないのです。例えば私は霊を感じることはあっても見えません。お話をしているうちに映像として浮かぶものが「前世」や「守護霊」 だったり、その人の近未来だったり、まだ話されていない隠し事だったりします。
お会いしている時は分からなくても、後日「夢枕」のような分かり方をする場合もよくあります。
この能力に相当する適切な日本語が見当たらないので、とりあえず霊視と表現しております。
意識的に霊視しようとすると大変エネルギーを消耗するので、お聞きすればわかることには能力を使いません。お医者さんにかかるつもりで、なんでもお話し頂きたく思います。 
万一、必要なことを隠されている場合でも、いずれ私には分かりますが・・・。
Q.念送りの効果や方法について知りたいのですが?

A.まず、「祝詞」「読経」で水の分子が整うことが科学的に解明されています。
人体もほとんど水分ですし、空気中にもかなり水分がありますから、水の分子が整うことで、人体や空間の清浄化ができます。私は「読経」を使いますが、 念送りなら自分と周囲の空間を浄化して、送りたい人に念を集中させ、潜在意識に語りかけるつもりで非言語的イメージを送ります。30日間の最中に願いが叶う場合もあり、私のご指導どおりにできなかったりすると30日を3回でやっとの場合もあります。
波動改善等についても基本的に浄化して、あとはそれを維持するために祈祷をして、人体や空間に結界を張る(シールドする)のが主題になります。
Q.波動改善とはなんですか?

A.波動改善は、ごく簡単にいうと、その方が現状1000メートルの山にしか登れないとしたら、それを2000、3000メートルの山に登れるようにする開運法です。つまり、個々の本来の能力を発揮できる心身の状態にするわけです。急激に状態を変えるため、直後は不運や体調不良を感じる方もおられますが、より高い山に登るにはそれに見合った準備が必要なだけで、 最終的には必ずよい方へ向かいますので心配は無用です。
Q.夜間しか時間が取れません。どうしたらいいでしょう。

A.そのようなお客様も少なくありません。対応可能ですので、ご遠慮なくご希望時間等をお問い合せください。
Q.念送り中や波動改善をしてもらった場合、自分も何かするのですか?

A.特別に何かをすることはまずありません。ただし、私が、「何々をするならいつがチャンス」と予告することがあり、そのとおりにできないと願い事の成就や開運が遅れる場合はあります。
また、私ができるのは「最大限努力しても足りない」部分を補うことなので、一般的にできる努力や行動はして頂かないと、私が何をしても目的達成は叶わないと思います。
Q.メール鑑定はしないのですか?

A.行っておりません。お客様のお悩みや鑑定結果は、書いたものでは誤解が生じやすく、必ず口頭でするようにしております。また、最低限お声を聞いてお話ししないと、なぜか霊視能力が発揮できないからです。
ただし、事後報告・経過報告をメールで頂き、それにメールで簡単にお答えすることや、日取りなどの連絡をメールで行う場合はあります。(無料) 
鑑定料についてのご質問
Q.電話鑑定は基本料金だけで、内容は問わないのですか?

A.よほど想定外のケースでない限り、基本料金だけです。鑑定人数・内容は問いません。但し、信頼関係ができているお客様に限り、100分を超えても30分3,000円の後払いで続行できます。
Q.鑑定料などはどのようにお渡しすればいいのでしょうか?

A.こちらで「お布施」というお供えするための、のし袋を用意しております。
お振込みでお支払い頂いた場合も同様に取り扱っています。
料金すべてがいったん私の守護者に対してのもので、私個人が受領する性質のものではないからです。
ですから、原則お釣りも出せません。千円単位の端数が出て、どうしてもちょうどはお持ちでない場合、可能であれば両替は致しますが、それをあてにはしないでください。
基本的に、人間に払う料金ではなく、神仏に対する「お布施」とお考え頂きたく思います。
Q.他人同士2名で行った場合、本人のみでしたら合計で2万円になりますか?

A.他人同士の場合はお1人様につき2万円です。また、他人に聞かれたくないだろうと思う鑑定上のお話をするので、それでもいいという場合でないと、他人同士の同伴はお止めになったほうがいいです。